AZARASHI

生化学

2)細胞におけるシグナル分子の受容(受容体による認識)

2020/5/31  

細胞におけるシグナル分子の受容(受容体による認識) ここでは、細胞がどのようにして細胞外のシグナル分子を認識するのかについて学んでいきましょう。 1. 受容体の種類 細胞外のシグナル分子は、リガンド( ...

勉強法

理系大学生がするべき英語の勉強法とは?(TOEIC 800を目指そう)

2020/5/30  

理系大学生がするべき英語の勉強法とは?   理系の大学生には、文系と比べて英語が苦手だなと感じる方が多いのではないでしょうか。『理系だから英語は必要ない』と考えている人も、中にはいらっしゃる ...

オートファジーの流れ

栄養学 生化学

細胞内のタンパク質分解システム(ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー)

2020/5/30  

ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー  皆さんは「ユビキチン-プロテアソーム系」や「オートファジー(自食作用ともいいます)」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。これらの仕組みを発見・解 ...

クロマチン免疫沈降(ChIP)の流れ

生化学(実験手法)

1)クロマチン免疫沈降(ChIP)の原理と概要

2020/5/28  

クロマチン免疫沈降(ChIP)法とは  クロマチン免疫沈降(Chromatin Immunoprecipitation:ChIP)法とは、あるタンパク質に対する抗体(転写因子やヒストン化学修飾に対する ...

勉強法

はじめての学術論文の探し方

2020/5/26  

はじめての学術論文の探し方 ○初めて論文を読もうとしているけれど、論文の調べ方がわからない・・・ ○卒業研究のために背景知識を身に付けたいけれど、論文の調べ方がわからない・・・ ○インターネット上で検 ...

真核生物の転写調節の仕組み

分子生物学

原核生物と真核生物の転写調節の仕組みの違い

2020/5/19  

原核生物と真核生物の転写調節の仕組みの違い  これまで「1)原核生物の転写調節の仕組み」と「3)真核生物の転写調節の仕組み」について学んできました。ここでは、真核生物と原核生物の転写調節の仕組みの違い ...

スプライシングの仕組み

分子生物学

RNAのプロセシング(転写後調節)

2020/5/19  

RNAプロセシング  真核生物における遺伝子発現調節の仕組みの特徴の一つには、転写された前駆体mRNAが「RNAのプロセシング」という過程を経る、ということがあります。これらのプロセシングという過程は ...

真核生物のプロモーター

分子生物学

3)真核生物の転写調節の仕組み

2020/5/18  

真核生物の転写調節の仕組み  真核生物の遺伝子発現の調節には、さまざまな転写因子やその制御配列(エンハンサーやサイレンサー)が関与しています。ここでは、真核生物の転写調節の仕組みについて学んでいきまし ...

原核生物のRNAポリメラーゼとσ因子

分子生物学

原核生物の転写調節の仕組み

2020/5/17  

原核生物の転写調節の仕組み  原核生物と真核生物では、遺伝子発現調節の仕組みが大きく異なっています。原核生物は真核生物ほど複雑な転写調節の機構をもちませんが、原核生物に特有の転写調節の仕組みというもの ...

ラクトースオペロン(グルコースが存在するとき)

分子生物学

ラクトースオペロンと青白選択

2020/5/17  

ラクトースオペロンと青白選択    前項では「原核生物の転写調節の仕組み」について学びました。ここでは、原核生物の転写調節の例として、ラクトースオペロンの仕組みを学んでいきましょう。ラクトー ...

© 2021 Bio-Science~生化学・分子生物学・栄養学などの『わかりやすい』まとめサイト~